PLDDを使う | ヘルニアを改善したいなら健康食品で予防【体内から改善して健康体】

ヘルニアを改善したいなら健康食品で予防【体内から改善して健康体】

PLDDを使う

PLDDの内容について

PLDDとは、椎間板ヘルニアの治療方法の一種です。従来の手術方法と比べて、患者の肉体的な負担が少ない、手術の傷跡が目立たない等の特徴から注目を浴びています。PLDDはレーザーを使った手術になります。具体的には椎間板に直接針を刺して、そこからレーザーを放出するという方法です。レーザーを照射すると、椎間板の内部に小さな空洞が出来ます。その空洞の中に、飛び出ていたヘルニアが引っ込むようになります。これによって、痛みや痺れ等の症状が改善されるのです。PLDDの手術時間は15分程度で済みます。また、メスで体を切るわけではないので、手術をした当日に退院する事も可能です。それ以外にも従来の手術の場合には、術後にリハビリが必要でしたが、PLDDならば数日で元通りの生活に戻る事が出来るといったメリットもあります。

具体的な施術の流れ等について

PLDDの具体的な施術の流れにについてですが、まずは診察を受ける事になります。この診察の際には、数カ月以内に撮影した患部のX線画像等が必要になる場合が多いです。画像があればすぐに診察となりますが、画像がない場合にはまずX線検査等を受けるようになります。診察の結果、PLDDが適応する場合には実際の施術に入ります。PLDDは局部麻酔を打ってから施術を行ないます。従来の手術だと全身麻酔が一般的なので、ここにも大きな違いがあります。麻酔が充分に効いたら、レーザーの照射が行なわれます。前述したように施術時間は15分程度です。麻酔も効いているので、痛みを感じる心配は無用です。レーザー照射後は1時間くらい安静に過ごして、その後で医師の許可が下りれば帰宅となります。施術後には1週間後、1か月後等に診察を受けます。これで問題がなければ全体の流れは終了となります。