保険で行う治療 | ヘルニアを改善したいなら健康食品で予防【体内から改善して健康体】

ヘルニアを改善したいなら健康食品で予防【体内から改善して健康体】

保険で行う治療

レーザー治療の治療費用はいくら

椎間板ヘルニアは現在では腰痛の原因の一つとして一般的にも認識されるようになっており、現代の人々の間でも患者数は多い病気です。この病気になった際、治療を行うにはいくら必要なのでしょうか。 基本的に椎間板ヘルニアは完全に治すには手術が必要と考えておいた方が良いでしょう。そうなった場合、入院も必要になります。この手術に関してはだいたいが保険が適用されるので、治療費は3割負担になります。 椎間板ヘルニアの手術法には「経皮的髄核摘出術」「ラブ術」「内視鏡下髄核摘出術」「レーザー治療」があり、レーザー治療以外は保険適用内となります。 保険適用内の治療を行う際は、相場としては入院費込みで10万円〜15万円程度が相場と考えておきましょう。

様々な椎間板ヘルニアの治療法

それでは先述の椎間板ヘルニアの手術法である「経皮的髄核摘出術」「ラブ術」「内視鏡下髄核摘出術」「レーザー治療」はそれぞれどのような手術法なのでしょうか。 まず、経皮的髄核摘出術は昔からある手術法であり、首の皮膚を切り、そこから椎間板まで差し込み、それを使って突き出してしまっているヘルニアを摘出します。 次にラブ術は日本で現在主流となっている手術法で、これは背中を切開して腰椎の一部を削り、ヘルニアを切り、摘出します。 内視鏡下髄核摘出術は比較的新しめの手術法で、内視鏡を身体の中に入れ、モニターを見ながらヘルニアを摘出する方法です。切除するのが1〜2cm程度であり、傷口が目だなたない手術法です。 レーザー治療はレーザーを椎間板まで入れて髄核を焼くことで神経への圧迫を減らす方法です。 日本ではこの4つの治療法が主流となっています。